誰もが安心して暮らせる福祉でまちづくり  社会福祉法人 紫波町社会福祉協議会

地域活動・地域交流

文字サイズ

紫波町社協では、高齢者の孤独解消等を目的に“いこいの家”(ふれあい・いきいきサロン)事業を行なっています。今年度は1回の開催につき3,400円の助成金を支給しています。

ふれあい・いきいきサロンとは

ふれあいいきいきサロン一人暮らしや家の中で過ごしがちな高齢者の方々に、公民館など身近な場所に集まっていただき、お茶を飲みながらおしゃべりをしたり、保健師による健康相談や介護予防運動など内容は、開催場所によってさまざまです。

すべて、地域のボランティアによる企画で開催されていますが、参加者もボランティアも「気軽に」「楽しく」「無理なく」開催しています。

紫波町社協では、この事業を“いこいの家”と呼んでいます。町内の自治公民館など会場に、昨年度は、95箇所、434回開催しました。

参加者にとって“いこいの家”とは

孤独感の解消や寝たきり防止等つながります。

身近なところにいこいの家があるので、気軽に出かけられるということから、寝たきりや認知症になる原因の「閉じこもり」を防ぎ、孤独感を癒すことができます。

仲間作りができます

参加者同士やボランティアとのおしゃべりや相談などにより、仲間作りの場となり地域での輪が広がります。また、生活に役立つ情報交換の場となります。

生活にメリハリが生まれます

身近なところでも「出掛ける」ということから、身だしなみに気を配ったり、出掛ける時間を気にするなど生活のリズムにメリハリが生まれます。

地域にとっての“いこいの家”とは

地域の課題が発見できます

活動を通して日頃の心配ごとや生活上の困りごとなど早期発見につながります。

課題解決にむけて関係機関が協力することにより情報の共有化ができます。

地域の交流が生まれます

まったく知らなかった人たちが活動を通じて顔見知りになり、日常でも挨拶を交わすなど交流が生まれます。

子どもから高齢者まで参加することにより異世代交流にもつながります。

対象者

対象者は、次のようにしておりますが、それぞれのいこいの家で異なる場合もあります。

  • おおむね65歳以上の一人暮らし高齢者
  • 夫婦とも75歳以上の高齢者世帯
  • 日中1人になる高齢者
  • 家に閉じこもりがちな在宅高齢者

開催日

各いこいの家で異なります。月1回開催しているところや数ヶ月に1回開催などさまざまです。

参加費

各いこいの家で異なります。

問合せ先

参加してみたい、詳しく内容を聞きたいなど問合せは、次のところにお願いします。

お住まいの地区の社会福祉協議会
  • 日詰地区社会福祉協議会(日詰公民館内)……電話番号 019-671-1642
  • 古館地区社会福祉協議会(古館公民館内)……電話番号 019-676-2323
  • 水分地区社会福祉協議会(水分公民館内)……電話番号 019-673-8222
  • 志和地区社会福祉協議会(志和公民館内)……電話番号 019-671-7112
  • 赤石地区社会福祉協議会(赤石公民館内)……電話番号 019-676-3999
  • 彦部地区社会福祉協議会(彦部公民館内)……電話番号 019-676-4670
  • 佐比内地区社会福祉協議会……………………電話番号 019-674-2217
  • 赤沢地区社会福祉協議会(赤沢公民館内)……電話番号 019-676-3036
  • 長岡地区社会福祉協議会(長岡公民館内)……電話番号 019-676-3789

福祉団体等への活動助成

地区社会福祉協議会

当町には地区公民館単位に、地区社会福祉協議会(地区社協)が組織されています、

各地区社協では、地域に住む方々の手による地域福祉を推進していただくため、活動費として補助金を交付しております。

子育て支援ボランティア

子育て中のみなさんを応援するため、3ヶ所の子育てサロンに活動費の助成を行っております。

いこいの家

高齢者の孤独解消目的に「いこいの家(ふれあい・いきいきサロン)事業」 を各自治公民館単位で実施しており、運営助成をしております。

ボランティア協力校

町内の小中学校、高校 あわせて15校をボランティア協力校として指定しており、社会福祉活動の推進のため、助成を行っております。

事務受託している団体

当会で事務を受託している7つの団体に対し、団体への活動助成を行っております。団体は下記のとおりです。詳しくは福祉団体の紹介をご覧ください。

  • 紫波町老人クラブ連合会
  • 紫波町身体障がい者福祉協会
  • 紫波町母子寡婦福祉協会
  • 紫波町更生保護女性の会
  • 紫波町手をつなぐ親の会
  • 紫波町民生児童委員協議会
  • 紫波町ボランティア連絡協議会

ふれあいフェスタ

目的

一般の町民を対象に、障がい者と健常者がお互いの立場を理解し、障がい者に関する正しい知識の普及と啓蒙、文化活動等を通じて、ふれあいを図りながら幅広く交流し、併せて当事者活動の場を設け、障がい者の自立と社会参加を促進させることを目的に開催しております。

開催時期

9月~10月

開催場所

オガール

※毎年8月下旬に発行する「しわ 社協だより」でお知らせしています。

昨年度開催の様子

DSCN1117●橘和徳№2

紫波町社会福祉協議会

〒028-3304
紫波郡紫波町二日町字古館356-1 町総合福祉センター内

電話:019-672-3258
FAX:019-672-5039

Copyright© 紫波町社会福祉協議会 All Right Reserved.